Kindle出版のコンサルティング、お受けします【表紙作成代行・ペーパーバック対応のオプションあり】

2021年7月16日

「Kindle出版個人コンサル受付中」

今、Kindle本出版が静かに注目を集めています。YouTubeともSEO集客とも違うあらたなメディアとして、Kindle本に着目する方が増えているのです。

たとえば、私がYouTubeに投稿したKindle関連の動画も着実に再生数を伸ばしています。

これらの動画、さらには『Kindle出版の教科書』があれば一人でもKindle本は出せるのですが、きっとサポートを必要としている方もいらっしゃるでしょう。あるいは、Kindle本の効果を最大限引き出すのにフォローが欲しい方もいらっしゃることでしょう。

そんな方のために、Kindle本出版の個人コンサルティングを請け負っています。

Kindle本の企画から出版後のフォローまで

まだ企画段階で躓いている人、途中まで書いたけど「これでいいのか?」とペンが止まっている人、さまざまな段階の方がおられるでしょう。いずれにしろ、一人で取り組んでいると迷いや不安は尽きないものです。そこで、以下のようなKindle本出版のプロセス全般に渡り、コーチ兼先導者としてコンサルティングを行います。

企画

Kindle本が売れるかどうか、いい作品に仕上がるかどうか、有効活用できるかどうかは企画段階でほぼ決まります。ご自身が持っているコンテンツや体験をどういう形で電子書籍にするか? ニーズはあるか? 競合はいるか? 事前調査を一緒にやっていきましょう。

企画立案時には『Kindle出版の教科書』の特典チェックシートを利用します。

こちらのチェックシートを利用

執筆サポート

書籍の執筆は孤独なものです。書きながら方向性に悩むこともあるでしょう。

  • 構成をどうしたらいいか?
  • 画像はどんなふうに活用すべきか?
  • ターゲットに合った文章が書けているか?

こうした迷い、疑問、悩みに対し、原稿をチェックしながら随時アドバイスしていきます。第三者の目線から、わかりにくい箇所、伝わりにくい表現を指摘し、ブラッシュアップしていきます。

表紙作成(オプション5,000円)

文章は書けるという方でも、表紙画像の作成は自分でできないという方も多いことでしょう。ただ、Kindle本の表紙のためだけに画像編集アプリを覚えるのは面倒くさいものです。

そこで、表紙の画像については私が要望をお聞きし、作成します。1枚5,000円。

出版手続きサポート

原稿ができたあとは、AmazonでKindle出版の手続きを行います。ここは一人でも進められるステップですが、キーワードや概要欄の設定など、なるべく検索でヒットしやすい方法をお伝えします。

当サービスは「出版代行」ではないため、私が設定を引き受けることは致しません。それに、ご自身の手で行った方が、あとあとの細かな変更、2冊目3冊目の出版もスムーズにできるので、おすすめです。

検索で見られるためにはコツが必要

プロモーション(宣伝)

いくらAmazonに並ぶからといっても、素人がただKindle本を出版しただけでは売れません。自力でのプロモーションが必須です。

クライアントの状況や著書の活用法をヒアリングし、どのように宣伝していけばいいかを一緒に考えます。

コンサルティング対象者

対象者としてはこのような方を想定しています。

  • 自営業者
  • 情報発信者
  • ライター
  • 研究者

ご自身のビジネスを、Kindle本を使って広めたい。既存顧客に情報や熱意を伝える手段としてKindle本を活用したい。そんな自営業者、経営者の方を想定しています。

それから、ご自身の研究成果を一般向けにだれでも読める形で公表したいという研究者の方も歓迎です。

あるいは、オンラインでさまざまな情報発信をしている方や、作家、ライターの方。この際、蓄積した知見をKindle本というまとまったテキストで公表したいという方もぜひご依頼ください。

副業のひとつとしてご自身の経験や蓄積した知識を書籍化してみたい、という方もどうぞ。

Kindle本活用例

KIndle本はただ印税を稼いだり名刺代わりに使えるだけではありません。他にも、使い方次第でさまざまな効果を発揮します。

独自商品販売

Kindle本で見込み客を集め、そこからご自身の独自サービス・商品へと導く。こんな使い方もできます。Kindle本はいわば無料に近いパンフレットのような扱いで、そこから本当に売りたいものへ繋げるという使い方はしばしば行われています。

メルマガ誘導

商品販売の手前として、あるいは顧客の囲い込みとして、メルマガに誘導する方法があります。一度メルマガに登録してもらえば、今度はこちらからメール送信という形で新しい情報が伝えられるので、非常に有用です。

YouTubeとの相乗効果

YouTubeからKindle本へ。Kindle本からYouTubeへ。複数組み合わせればそれだけリーチの経路が増え、ビジネス活用の可能性が広がります。伝えたい事柄によってテキストが最適な場合、動画の方が分かりやすい場合は違いますので、それぞれうまく使い分けましょう。

小説・エッセイ出版

上記の3例はいずれもビジネス活用を想定していますが、Kindle本単発での刊行でも構いません。眠っている小説の原稿を公にして反応を得るのも非常に有意義なKindle活用です。あるいは旅エッセイや回顧録を書いて知り合いに読んでもらうのもいいでしょう。

2021年11月、ついにKindleでペーパーバック(紙の本)も出版できるようになりました。自費出版に代わる手段としての活用もおすすめです。

コンサルティング詳細

コンサルティングは基本的にオンラインで、ZOOMとChatworkを使って行います。

期間

無事に出版が完了して初期プロモーションが済むまで。
(期限3ヶ月)

相談方法

最初にチェックシートを踏まえてZOOM面談。ほか、随時Chatworkで連絡を取り合い、原稿チェックとZOOM面談を行います。トータルで3〜4回の面談となります。

初回zoom相談

40分 3,000円
(申し込みの場合、総額から割引)

基本料金

33,000円(税込)

オプション
(いずれも税込)

・電子書籍用表紙作成 +5,000円
・ペーパーバック(紙の本)対応 +15,000円から
・宣伝用YouTubeコンサル +15,000円/月

Q&A

よくある質問・疑問にお答えします。

Q:コンサルの期限はありますか?

1〜3ヶ月を目安に進めていきます。コンサル開始から3ヶ月一杯までの出版をめざしましょう。延長の場合、追加料金をいただくことがあります。

Q:Kindle本代行サービスとの違いを教えてください。

コンサルティングになりますので、企画段階から相談に乗り、執筆中も随時ご相談にのります。あらかじめKindle本の活用方法についても話し合います。こちらでは「いっしょに本を作っていく」ことができます。

ただし、執筆やデータ入稿などはあくまで依頼主ご本人が行う必要がありますので、無事出版できるかどうかはご本人次第となります。

Q:どういう形でコンサルを進めていくのですか?

最初にZOOM(ビデオ通話アプリ)で方向性を話し合い、そのあとは簡単なことはChatworkでやり取りし、要所要所でまたZOOM面談を行います。3、4回の面談を経て出版に至るケースが多いです。

Q:出版に至らなかった場合に返金はありますか?

ご依頼者様の都合により出版にこぎつけなかった場合、返金はありません。もし万が一こちらの不手際により出版に至らなかった場合には返金いたします。

Q:Kindleのペーパーバックとはどんなものですか?

海外でよく見られる、簡易な装丁の書籍です。Amazonのオンデマンド印刷により、1冊でも注文ができるようになりました。つまり、電子書籍だけでなく、Kindleで「紙の本」まで出すことができるようになったのです。

Q:オプションの「ペーパーバック対応」と「宣伝用YouTubeチャンネル作成相談」とはどんなサービスですか?

ペーパーバック対応とは、ペーパーバック用の表紙と原稿データをこちらでご用意するサービスです。テキスト主体の簡易なレイアウトであれば+15,000円でデータ作成まで代行いたします。画像が多い場合、レイアウトに手間がかかる場合はご相談ください。個別に料金を設定します。

それから、宣伝用のYouTubeチャンネルのご相談も受け付けております。やはりネットにおいてYouTubeは拡散力が高いので、Kindle本の宣伝に適しています。そのためのチャンネル作成であったり動画の企画について、簡易的にご相談に乗ります。詳しくはお問い合わせください。

クライアントの声と出版作品

ご依頼主第1号、Kumikoさん。Kindle本の準備をしつつ、YouTubeにも励んでいます。両方取り組むことで相乗効果も期待できます。

動画で僕のコンサルについて話してくださいました!

また、KumikoさんとはKindle本出版について対談でもお話しさせていただきました。海外での出版は夢が広がります。

LINEを使ったマーケティング・コンサルタントをされている竹田さんの書籍。Kindle本を活用することで新たな集客経路を獲得されました。レビューでも高評価を得ています。

起業家のためのわかりやすいLINEマーケティング完全ガイド

すでにあるビジネスにKindle本を活用した例

主婦の奏ルナさんはさまざまなネットビジネスを経験したことを踏まえてKindle本を出しました。自分の経験をコンテンツとして活かすにはKindle本は最適です。

繊細さん(HSP)の50代主婦が在宅ワークで稼ぐ

こちらの表紙は清水が作成しています。

Kindle出版を最大限に活用しよう!

Kindle本1冊書くとなると、相応の時間と労力を使います。せっかくなら最高のクオリティで仕上げて、最大限の効果を発揮させたいですよね。わたくし清水がマンツーマンでそのお手伝いをさせていただきます。

まずは本申込みの前に質問からでも構いません。下記フォームから気になる点などお問い合わせください。すでに申し込みを決めている方はご希望のオプションもお書きください。

    確認画面は表示されません。よくご確認の上、「送信」ボタンを押してください。

    -kindle